• Kyo1712_1189f
  • 18_12_29
  • Tkn_1688f
  • 18_12_23
  • Ktn_1686f
  • 18_12_20
  • 2017
  • 18_12_17
  • Hei_5918f
  • 18_12_15

« 武蔵川 | トップページ | パーティー »

2008年9月13日 (土)

おとうと

 午前中は抜けるような青空が広がってましたが、今はすっかり雲に覆われてしまいました。 蒸し暑い東京の昼下がりです。

 
 昨日の朝、突然に弟からメール。 『今夜、会えるかな?』 『いいよ、じゃあ7時に新橋で』

Kyt08_050f いったい何事かと心配になるよ。 東京に住んでるのならまだしも、弟がいるのは京都。 それも、以前の仕事なら出張でくることもあったんだけど、新しく代わった仕事ではそれはないはず。 もう仕事を辞めたのか、それとも結婚相手でも紹介しに来るのか。

 と、顔を合わすまではいろんな想像をしていたんだけど何のことはない。 仕事を辞めてブラブラしている俺が心配でようすを見に来たんだそうな。 そういえば、仕事に就いたことを報告してなかったっけ。

 ちょっと手のかかる弟だったんだ。 高校時代の登校拒否に始まって、それからの三十年を上手に暮らしてきたとはいえないんだな。 生活が下手というよりは、兄貴としては運が悪いと言ってやりたいんだ。 それくらい、やることなすことちょっとかわいそうだったんだよ。

 それが去年、空き家になった実家の有効活用の意味もあって京都に帰ってからは、どうも生活の歯車が上手く回りだしたみたいなんだ。 で、こんどは俺が失業・・・

 
 仲のいい兄弟ではなかったよ。 まったく違う生活をしてきたな。 真剣な会話や相談をするようになったのは、親父が死んでからだ。 たったひとりの身内だからね。

 
画像。 京都・二条城にて。
  

 

Ber019 昨日入った居酒屋で俺たちの回りに座ってた人たちには、兄弟だということはわかっただろうな。 年取って、似てきたみたい。 頭のハゲ方とか・・・

 

« 武蔵川 | トップページ | パーティー »

知命」カテゴリの記事

コメント

兄弟は確かに一番身近な身内ですからね。
両親と違い世代的には近い訳ですし…。

僕も弟がいますが、全くといっていい程似ていませんね(苦笑)。

  ごんべえさん。

  まったく似てないんですか。 俺のところは見た目だけじゃな
  くて、仕草まで似てきたような気がしますよ。

俺と二つ下の弟はメタボ体型は同じだけれど、趣味も嗜好も全く違うな。
七年前に亡くなった親父は、一巡り上の兄貴と四歳下の弟と年齢が高くなるに従い、顔と白髪がそっくりとなり、三人が兄弟だと言う事は、他人様にもすぐに判ったほどだったね。
DNAの不思議さかな?

  〇〇さん。 青褌さんかな。

  子どもの頃に嫌だなと思っていた親父の仕草を、あの頃の
  親父と同じような年になった今やっていたりします。 DNA
  の不思議さ、ですかね。

今年は、親父の入院があり、15年ぶりくらいで、姉(2人)弟(俺)があつまりました。3人とも、親父似で細身 顔の骨格もそっくりです。長い間、連絡しなくても、15分も喋れば、昔に戻ります。親父も、先々週 退院し、一段落ですが…心不全・心筋梗塞 あまり楽観してはいません。生きている間に片付けなければならないことがあり、なんとか姉 二人と協力していきます。何せ、俺の住んでいるところは、辺境なんで…メールが届き 呼び出されます。しかし、今回のことで、今までのわだかまりはなくなりました。

 
 
 masa さん。

 そう、昔のいろいろは消えないけど、それでも、ってのが家族ですね。 いい話、ありがとう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 武蔵川 | トップページ | パーティー »