• Kyo1712_1189f
  • 18_12_29
  • Tkn_1688f
  • 18_12_23
  • Ktn_1686f
  • 18_12_20
  • 2017
  • 18_12_17
  • Hei_5918f
  • 18_12_15

« 銭湯の話 5 | トップページ | マクドナルドで眠ることができる国 »

2009年1月19日 (月)

松茸の露

 暖かな朝です。 今日は16℃くらいまで気温が上がるそうな。 こんな日にこそ風邪を引きやすいんだよな。 気をつけましょう。

 
 『急ぐとも心静かに手を添えて外にこぼすな松茸の露』

 久しぶりに見ましたよ、この川柳。 以前はよく行く呑み屋のトイレの小便器に向かって立った目の前に貼ってあって、そのたびに心したものでした。

Sjk1_109f そういえばひと月ほど前だったかなぁ、どこかで見たブログに、

 『トイレに貼ってある “・・・一歩前へ” ってやつ、そういえば床に転々と雫が落ちてんの・・・』

 皮を剥いてしろ、とか、勃起が収まるまで待て、とか、ちゃんと手を添えろ、とか書いてあったように思うんだ。 そのブログについたコメントも、その雫を揶揄するものばかりだったんだ。 俺、そこに、

 『君たちももう少し年をとれば、雫の意味がわかるよ』

 って書いてやろうかと思ったんだけどね。

 
 職場の作業場のトイレは事務所にあるトイレに比べると、利用する人の年齢は高いんだ。 その分、床の雫が多いような気がする。 年をとるってこういうことなんだなぁ、と思う日々です。

 
画像。 JR中央線、奈良井駅付近にて。

 

Tom007 加齢臭って、どんなのを言うのかね? 俺の親父が、内臓の働きが弱くなってきて食べ物が身体の中に長く留まるようになって、その臭いが体臭となって出てくるんじゃないかな、って言ってたな。

 

« 銭湯の話 5 | トップページ | マクドナルドで眠ることができる国 »

知命」カテゴリの記事

コメント

あああ、わかりすぎるお話です(^^;

キレが悪くなっちゃいましたね~(苦笑)

 
 速人さん。

 寂しいけど、現実ですね(笑

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 銭湯の話 5 | トップページ | マクドナルドで眠ることができる国 »