• Kyo1712_1189f
  • 18_12_29
  • Tkn_1688f
  • 18_12_23
  • Ktn_1686f
  • 18_12_20
  • 2017
  • 18_12_17
  • Hei_5918f
  • 18_12_15

« 急行列車 | トップページ | 筋トレ 再開 »

2009年3月15日 (日)

 寒いけど雲ひとつない真っ青な空がきれいに広がって、気持ちのいい朝です。 洗濯が終わったら、カメラを持って出かけてみますかね。

 
 雲の写真、上手く撮れません。 特に、飛行機の窓から見える雲には何度も挑戦するんだけど、自分の目で見た雲と画像として取り込んだものとの差に、いつもガッカリしています。

 光の加減だと思うんだよ。 Oim_083fまあね、カメラとかレンズの性能だとか、それを使いこなす腕の問題とかもあるだろうけどね。 時速1,000km近い速さで進む飛行機から見る景色は、これ!と思った瞬間とシャッターを押す瞬間とのあいだで変わってしまうんだよね。 目に見える雲の色や凹凸は光の角度や強弱がすべてだから、これだと思った瞬間の雲を画像に取り込むにはずっとファインダーを覗き続けていなくてはならないんだろうな。

 
 飛行機の窓から見える雲の虜になったのはもうずいぶん昔、バンコクからボンベイ(ムンバイ)に向かうJALのDC-8が、そそり立つ積乱雲の隙間を縫うようにして飛んだ時。 窓の外、すぐ横に直立する雲はすごい迫力だし、その雲を内側から照らす稲妻が走る光景は神秘的だったんだよ。 それ以来、その神秘的な光景をもう一度と思いながら窓の外を眺め続けているけど、未だめぐり合わずだね。

 
 雨が降る日に飛行機に乗って、厚く黒い雲を突っ切って上空に出た瞬間の光景を写真に撮りたいんだけど、デジカメだから躊躇してます。

 
画像。 伊豆大島から八丈島に向かう機内にて。
 

 

Nub003 晴れた日の地上の景色を見ながら飛ぶのもいいけど、一面の雲を下に見ながら飛ぶ時こそ、飛んでる気分を味わえます。

 

« 急行列車 | トップページ | 筋トレ 再開 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 急行列車 | トップページ | 筋トレ 再開 »