• Kyo1712_1189f
  • 18_12_29
  • Tkn_1688f
  • 18_12_23
  • Ktn_1686f
  • 18_12_20
  • 2017
  • 18_12_17
  • Hei_5918f
  • 18_12_15

« 縮小経済 | トップページ | 闘争心 »

2009年6月19日 (金)

脳死は人の死

 晴れ。 気持ちのいい空が広がってます。 

 
 俺には親父もお袋ももう死んでしまっていないんだけど、ふたりの死の瞬間に何かの医療的な措置をしていればいまも生きているのかもな、と思うことがあるんだ。 ふたりとも脳出血からの死で、倒れた瞬間に何らかの機械に繋いでしまえば植物状態のままでいまも、ってね。

 この問題を家族で話し合ったことがあるんだよ。 話し合うことになったキッカケは母方の祖母の死。Gum09_116f 祖母が死んでしばらく経ったとき、親父のお袋さん、つまり父方の祖母が、自分の遺体を大学病院に献体するように遺言をして死んだんだという話を聞かせてくれたんだ。 実際には献体することはなく、普通に葬儀をしてダビに付したんだけどね。 そのときに親父が、

 『自分には延命措置をしないでほしい。 脳死状態で移植できる内臓は全部移植に回してほしい。 かかりつけの医者にもそれは言ってあるし、おまえたちにも俺の気持ちを認めてほしい』

 
 実際には親父は多臓器不全という死因で死んだので移植することはなかったんだけど、延命措置をすることもなく、穏やかに眠るように死んでいったんだ。

 
 人の死は、もともとが脳死。 自分のチカラで呼吸が出来なくなれば、自分のチカラで食べ物を摂ることが出来なくなれば、それが死。

 
画像。 グアムにて。
 

 

Tom012 衆議院での採決。 今回は党議拘束をせず自主投票だったんだけど、賛成するにしろ反対するにしろ多くの議員が意思を示したんだね。 棄権せずにきちんと意思表示をした議員が多くいたことに、ちょっと安堵しました。

 

« 縮小経済 | トップページ | 闘争心 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 死に方も生き方。だから元気なうちに家族と話しておくべき・・・と両親に言ったことがあります。ま、本人達はまだまだ元気なつもりでいるので、もしくはまだまだ考えたくないからか話し合ったことはありません。
 そんなことを言った本人が一番考えてないんですけどね。

 
 のり☆さん。

 俺の場合は親父のほうから言い出してくれたので助かりました。 子どものほうからはなかなか言えないですよ。

達さん。

俺は脳死には賛同出来ない。
必要としている気持も良く分かるけど、死というものは俺はそんなものと思えない。

 
 作さん。

 この手の問題は、人それぞれに考えがあるものだと思うんですよ。 俺の死生観はひょっとしたら突拍子もないものかもしれないんですが、近いうちにまた書いてみたいと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 縮小経済 | トップページ | 闘争心 »