• Kyo1712_1189f
  • 18_12_29
  • Tkn_1688f
  • 18_12_23
  • Ktn_1686f
  • 18_12_20
  • 2017
  • 18_12_17
  • Hei_5918f
  • 18_12_15

« 人の写真 | トップページ | いい時も悪い時も人生を楽しんでいたい »

2009年7月17日 (金)

心する朝

 いつごろから降りだしたんでしょう、東京は雨の朝を迎えました。 熱気のこもった街をすこし冷やしてくれそうです。

 
 『この人はひとりでは生きていけないだろうな』 と思う人、知り合いの中に、ふたり、います。
 ひとりはかつて俺が付き合い、3年いっしょに住んだ人。 俺はこの人から六尺褌を教わりました。 酒に弱いくせに酒に頼り、金儲けが下手なくせに金使いは荒い。 誰かが傍にいてくれないと寂しくて仕方がないのに俺が居てやらないとと強がる。 最近、またひとりになったと噂で聞きました。

Gum09_175f  

 

 

 

 

 

 

 もうひとりは、ちょっとおこがましいですが、俺のことをずいぶん好いてくれた人なんだけど、ただ一度のキス以上の関係に、俺がしなかった人です。 中庸、ってことを知らない人で、行くところまで行ってもまだ納得しないって性格がこの人自身どころか、周りの人をも蝕んでしまうような人。 どうも今は、落ちるところまで落ちようとしてるよう。 その先に、彼の目には何が見えているんだろう。

 
 昨日、初めてパソコンを買った時、初めて聞く難しいカタカナの単語をお願いだからひらがなで説明して、と散々迷惑をかけた友人と久しぶりでおしゃべり。 友人たちのこのところのようすを語り合いました。 なぜか彼にはあからさまになってしまう俺。

 『中庸に生きられないヤツが頼ってくれば、俺は面倒を見るよ』

 本当か? 一晩経っての今朝、一度口にしたら責任は取る俺の性格の大変さを心する。

 
画像。 グアムの夕暮れ。
 

 

Hec015 このブログ書いていることも言いました。 制限された生活を送る彼に励まされた夜でした。

 

« 人の写真 | トップページ | いい時も悪い時も人生を楽しんでいたい »

知命」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 人の写真 | トップページ | いい時も悪い時も人生を楽しんでいたい »