• Kyo1712_1189f
  • 18_12_29
  • Tkn_1688f
  • 18_12_23
  • Ktn_1686f
  • 18_12_20
  • 2017
  • 18_12_17
  • Hei_5918f
  • 18_12_15

« エロ本が親に見つかりました | トップページ | ホテルライフ »

2009年8月15日 (土)

8月15日

 ささやかに晴れていた午前中、午後は雲に覆われてしまい、夕方には小雨。 終戦の日の大阪の空です。

 
 また今年も、テレビのニュースが靖国神社を取り上げていたね。 戦争で国のために命を落とした人たちを祀る施設。 祀る = 神。 俺、実はここのところにちょっと違和感があるのだけれどね。 まあね、国がはじめた戦争に兵士として行き命を落とした人を神と崇める気持ちはわかるし、それが日本人のやり方のような気がするから、今日くらいは靖国神社で手を合わせるのもいいと思う。

 
Osa0809_120f 今年は先の大戦を、戦争を語り継ぐというテーマで取り上げるマスコミが多いような気がする。 戦争を忘れないように、って感じかな。 敗戦から64年経って、経験していない人がほとんどになったから、言っておかないと若い人たちが戦争を起こしてしまうかもしれないから、って心配があるからなのかな。

 
 さっき、泊まってるホテルに帰ってくる電車の中で、今時のチャラチャラした服装の若い男の子の足が、座っている俺の軽く蹴ってしまったんだ。 「すみません」

 
 きっと戦争にはなりませんよ。 今時のチャラチャラもちゃんと世間をわきまえて育ってますから。

 
画像。 大阪城にて。
 

 

Gym025 朝鮮戦争にもベトナム戦争にも参戦しない方向に日本を導いていったあのころの政治家を、俺はすごいと思う。 戦争はしないけどその後始末をこつこつと。

 

« エロ本が親に見つかりました | トップページ | ホテルライフ »

知命」カテゴリの記事

コメント

ここ数年不思議でならないことのひとつは、公共の場でチャラ男に、紳士的な対応をされることだ。...週刊誌に書いてあることと、ずいぶんちがう。

 
 典さん。

 いやいや、ほんとですね。 今時の若いもんは、けっこう真剣に生きているように思います。

達さん、お暑うございます。
8月15日を読ませていただきました。

先の大戦で命を落とした方が約310万人。
そのうち軍人軍属が約240万人、遺骨が日本へ帰ってきた人は名前の分からない人を含めて約半分120万人、残りの方は冷たい海の底や洞窟の中或いはジャングルの鬱蒼とした草の中などで早く故国へ帰りたいと叫んでおられます。
国家間の事情があるとは言うものの、誰でも行ける洞窟の中に遺骨がゴロゴロしているというのは、紛れもない事実です。
私の父も先の大戦によりビルマで亡くなりましたが遺骨は帰ってきませんでした。

最近あちこちで自然災害や無謀登山で遭難する人が後を絶ちません、その人達を大がかりに捜索するのも有り難いことですが、好むと好まざるに関わらず1銭5厘のハガキ1枚でかり出され、亡くなった方の遺骨も拾わずにいる国があって良いのでしょうか。

終戦記念日に総理が靖國神社へ参拝されるのを、隣国に気を遣って、参拝しないように申し出た岡田というのがいたけど、国民が大事なのか隣国が大事なのか判断に苦しみます。

先の大戦の犠牲者が犬死ににならないようにして欲しいです。

もし、東京にお住まいの方、靖國神社の境内に「遊就館」というのがあります、ここにはいろいろ戦争に関するものが展示してありますが、特攻隊の方の遺書も随分展示されています、機会がありましたら一度読んでみて下さい、自分の今と比べると涙なしには読むことは出来ないと思います。

 
 たかし(平仮名)さん。

 8月6日から15日までの十日間、俺は静かに過去を思うことにしています。 『過ちは繰り返しません』 広島の原爆碑に書かれたこのことばを、じっと自分に言い聞かす十日間です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« エロ本が親に見つかりました | トップページ | ホテルライフ »