• Kyo1712_1189f
  • 18_12_29
  • Tkn_1688f
  • 18_12_23
  • Ktn_1686f
  • 18_12_20
  • 2017
  • 18_12_17
  • Hei_5918f
  • 18_12_15

« サービスの概念 ホテル | トップページ | 政権選択選挙 »

2009年8月26日 (水)

サービスの概念 ホテル もうちょっと詳しく

 窓辺の温度計は24℃。 窓を開けたまま眠っていたらスゥ~と冷たい風が入って来て、寒くて、あわてて布団を出しました。

 
 サービス。 このことば、どうも日本では 『サービスしておきます』 という時のサービスは、ただ(無料)にする、とか、容量や数を増やしておく、とかという意味にとられがちなんだけど、本来は 『あたりまえのことをあたりまえにしてくれる』 ということなんだな。

Osa0809_033f たとえば、レストランや居酒屋で、注文をしようにも店員がなかなかそれに気が付いてくれないことってあるでしょ。 「スミマセン、注文お願いしたいんですけど」 なんて、デカイ声で言わなきゃならないことになったりね。。 あれ、店員の方を見て軽く手を上げたらすぐ来てくれる、としたら気持ちいいですよね。 それがサービス。 サービスとは、あたりまえのことをあたりまえにしてくれて、それでいて気分を良くしてくれる行動や物言いです。

 
 「申し訳ないんだけど、バスタオルをもう一枚持って来てもらえるかな」 とフロントなりハウスキーパーなりに電話したら 「ハイ、かしこまりました。 すぐにお持ちいたします」 という答えが帰ってくる。 これがホテルのサービス。

 「今日俺はひとりで泊まってることにしてくれ」 とフロントに言っておくと、何があっても、どんなことが起ころうが、連れはいないことになっている。 これがサービス。

 
 そうそう、これを言っておかなくちゃ。 3万円の部屋が最高値のホテルは、それ以上の部屋がない。 10万円の部屋が最高値のホテルの3万円の部屋、もしもその日、何らかの原因でその3万円の部屋が使えなくなってしまってたとしたら、3万円で5万円の部屋を使わせてくれるかもしれない。 もしかしたら10万円の部屋・・・。 これ、大手のホテルではよくある話です。

 
画像。 大阪、京橋にて。
 

 

Tds038 お盆に大阪に行ったときに使ったホテルは “ホテルモントレ ラ・スール大阪”。 京橋のOBPにある新しいホテルです。 定価22,000円の部屋が6,800円でした。

 

« サービスの概念 ホテル | トップページ | 政権選択選挙 »

知命」カテゴリの記事

コメント

”サービス”って言う言葉のイメージから、割と固定的に考えていたようです。
「あたりまえのことをあたりまえにしてくれて、それでいて気分を良くしてくれる行動や物言い」
これって、簡単なようですごい難しいと思うんですよね。だから、これが本当にできるホテルって一流なんでしょう。ホテルを選ぶ一つの目安でしょうね。
3万円の部屋が手違いで5万の部屋…これはすごいことですね。こういうハプニングもあるんだ!いろんな意味で、達さんの選んだホテル規準はなるほどが多いです。
オレは、割と付帯設備で選ぶ方なんです。まず目を付けるのが風呂。しかも大浴場。旅の恥は何とかじゃないですが、普段できない分、旅先では六尺締めて大浴場で着替えたりします。今月の旅行では、我ながらよくやりましたよ。でも、意外とみんな見向きしないですね。見て見ぬ振りかも知れないけど。あと、プールです。水泳してるんで、泳げりゃ最高なんですよね。でも、ちょっと達さん規準でもホテルを選んでみたくなりました。

 
 たいさん。

 大浴場、俺も必須です。 せっかく旅に出たんだからゆっくり疲れも癒したいし、恥もかき捨てたいしね(笑

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« サービスの概念 ホテル | トップページ | 政権選択選挙 »