• Kyo1712_1189f
  • 18_12_29
  • Tkn_1688f
  • 18_12_23
  • Ktn_1686f
  • 18_12_20
  • 2017
  • 18_12_17
  • Hei_5918f
  • 18_12_15

« 心温まる話 | トップページ | 6kg »

2009年10月11日 (日)

ちゃらんぽらん

 雲ひとつない青い空に、銀色の翼を輝かせたジェット機が昇っていきます。 さわやかな秋の朝です。

 
 「ちゃらんぽらんに生きていこうと選んだ今の職場なんだけど、世間はそうはさせてくれないよ」
 「ちゃらんぽらんの人はどこにいってもちゃらんぽらんですよ」

 フィットネスジムのお気に入りのイントラ君との会話です。

 
Osa0809_030f この前の月曜から勤務時間が変わりました。 毎日、朝6時の出勤です。 この半年、早番は火曜日だけだったんだけど毎日に、それも土曜日も出勤で、さらに祝日も関係なし。

 
 『お前さんは、本当に仕事が好きなんだな』 と、ベテランの契約社員さん。 自分でもそう思う、俺は仕事が好きなんだとね。 いや、遣り甲斐のある仕事が好きなんだとね。 そう、今の仕事は遣り甲斐があるんだよ。 チカラを振るう余地がたくさんあるんだ。 だから遣り甲斐を感じるんだ。

 
 さあ、今日は週に一度の大切なお休みの日。 カメラを持って出かけてきます。

 
画像。 大阪、京橋の近くにて。
 

 

Tlv016 毎日の生活時間の再構築。 寝る間を惜しむ、ってのが俺の性に合ってるのかもしれない。 この一週間、ビールが一段と美味しく感じたもの。

 

« 心温まる話 | トップページ | 6kg »

知命」カテゴリの記事

コメント

ホリなんとかモンが、「毎日、汗水たらして働いて、給料貰うのが、何が楽しいですかね」と言った時、この段階で、ちょっとこのひとかわいそうなひとなんじゃないかと思った。

 
 典さん。

 ちまちまと毎週のように宝くじを買ってる俺と同じ職場の人がホリ〇〇〇と同じようなことを言っているのを聞いたとき、かわいそうな人だと思ったのを思い出しました。

最近になって、仕事をすることの意味っていうものを感じています。子どもの頃って、大人になると仕事をしなくちゃいけなくて、大変だなと思っていました。やりがいのある仕事に出会ったとき、しているとき、自分が生きていることの意味を感じますよね。このカテゴリの「知命」っていうのと関わりがあると思うんですが。まだまだ、自分は「知命」の境地には至っていません。

 
 たいさん。

 日々の生活で起きる些細なことにも生きていることを感じる、というのは歳を取ったからでしょうかね。 知命の境地はまだまだですよ、俺も。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 心温まる話 | トップページ | 6kg »