• Kyo1712_1189f
  • 18_12_29
  • Tkn_1688f
  • 18_12_23
  • Ktn_1686f
  • 18_12_20
  • 2017
  • 18_12_17
  • Hei_5918f
  • 18_12_15

« 呪詛 | トップページ | 男 »

2010年1月24日 (日)

顧みる、省みる

 真っ青な冬の空が広がって、寒い朝が戻ってきました。 窓辺の温度計、今朝は1℃でした。

 
 たまに自分自身を顧みてみて、省みてみて、これからを思い描くことをしてみます。 あれでよかったのか、これでいいのか。 検証をして反省をして、そして言訳を取り繕って、ほとんどのことを 『良かったのだ』 と結論付けるんですけどね。

Nbk_027f ここしばらく、俺の “性” について書いてみたけど、こうしてあからさまに自分を表現することで、浮ついた気持ちに落ち着きを取り戻そうとすることがあるんだな。 去年12月の俺の誕生日あたりから仕事が非常に忙しくて、毎日、カリカリしながら仕事をしてたんだ。 左足の指の痛み、さらに左ひざのケガが重なって、その痛みと残業続きの仕事とでフィットネスジムにも行けない、そのストレスでカリカリとね。

 
 昨日、毎朝いっしょに仕事をしているスタッフが、朝の毎日の仕事を終えたあとに体調が悪いと帰ってしまったんだ。 その原因 『達さんが何か皮肉を言ったんだって?』 と、彼が帰ってしまったために彼のその後の仕事をやらなければならなくなった人が俺に。

 
 俺は、自分の足で歩くことが困難な人に手を差し伸べてあげることを、しない。 お節介だと考えているからなんだけど。 でも、誤解はされたくもない。

 
画像。 東海道線、根府川にて。
 

 

Chi006 助けてくれと言い出せない人と助けがいらない人の区別。 俺は得意ではない。

 

« 呪詛 | トップページ | 男 »

知命」カテゴリの記事

コメント

「助けてくれ」に限らず、自己表現の上手でない人は山のようにいます。達さんの普段の表現方法とかみあわない人がいたって不思議ではないです。主な原因は互いのストレスではないでしょうか。体調や時間的余裕が戻れば再びモチベーションが高まって、いつもの達さんにおちつくと思いますが。年末の体調不良のその後はいかがですか?多忙はまだ続きそうなのですか?

皮肉の話しは、真実ですか・・・?
自分のストレスのカリカリを他人に
ぶつけないですよね、達さんは・・・

自分の足で歩くのが困難な人に手を
差し伸べないなら
他人に対しても批判はしませんよね、達さんは

俺は卑怯なんでしょうか?
俺は今までそんな風に生きてきました。

 年末年始といろいろとご苦労があったのですね。やりたいことができないもどかしさ、わかります。ストレスが溜まる一方ですよね。でも、いつまでも雨が降っているばかりじゃないと思いますよ。そのうち晴れてくる。

 オレも、助けがいる人いらない人区別がつきにくい方です。でも、手を出してしまうことが多い。結構お節介の方が多いかな。体調・安息が戻りますように。

 
 Naturalさん。

 支給された2万円をもって行方をくらます。 そういう人がいるだろうことは俺もわかるし、あり得ることだということは認識してます。 ただ、そのような人が自分の周りに多数いて、実際に起こって、尻拭いを俺がすることを想定はしていなかった。

 上に書いたことが自分の回りであった訳ではないです、ただ一例として書いただけですが、そのような体験を人生で初めてしています。

 先週はさすがの俺も慌てましたが、もう大丈夫です。 パニクッたりはしませんよ。 ありがとうございます。

 
 竹の子さん。

 遅刻をした人に、明日は遅れないで来てくださいねと言った、というのを本人は皮肉と受け止める。 今まで遅刻が常態だった人にひと言注意をした。 誰も咎めず好き勝手を許してた人にひと言注意を促した。

 上に書いたのが実際ではないです、一例として書きました。 たぶんほとんどの人にとっては些細なことだと思うんですが、その人にとっては生死に関わるくらいの重大事だったようです。

 皮肉と受け止められ、言った俺が責められる、って訳です。 が、もう大丈夫です。 上手くやりますよ。 ありがとうございます。

 
 たいさん。

 手を差し伸べるかどうか、難しい問題ですね。

 バスの優先席に、外見はどう見てもなんともない人が座ってる。 そこに、どう見ても老人と思われる人が来た。 周りの人は座っている人に代わってあげなさいと促した。 座っていた人はバスを降りる際、身障者手帳を示して辛そうに降りていった。

 人と関わるというのは、難しいです。 でも、自分ひとりで生きているわけではない。 どこかで誰かと関わりながら生きている。 上手に生きる、俺は下手かもしれません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 呪詛 | トップページ | 男 »