• Kyo1712_1189f
  • 18_12_29
  • Tkn_1688f
  • 18_12_23
  • Ktn_1686f
  • 18_12_20
  • 2017
  • 18_12_17
  • Hei_5918f
  • 18_12_15

« 待ち子 | トップページ | 柵 (しがらみ) »

2011年3月28日 (月)

いっしょにいたら

 
 朝晩は寒い、と言っても、冬のあの寒さはもうない。 我が家の近所の緑道の桜のつぼみも膨らんできましたよ。

 

 フィットネスジム、あと三日。 来る人はだんだん少なくなっていくのかな、って思ってたんだけど、いやいや。 よく顔を合わせる人に訊いたら、こうなったら最後の日まで毎日来てやろうと思って、って。 俺もそのひとりかな。Ok_011 今日が最後、と思いつつも毎日通っているのは、お気に入りのイントラ君に会うため、それだけではなく、もうひとり、会っておきたい人がいるからなんだな。

 
 女性。 めったに女性に声を掛けることはないんだけど、この子だけはよく話しをした。 どういうキッカケで話をするようになったかは忘れてしまったけど、普通に会話をするようになったのは 「○○さんって、怒ることってあるの?」 と彼女に俺が訊いてから。 いつもニコニコしていて人懐っこい。 顔の作り自体が “笑顔” なんだよ。 この人は腹を立てて怒るということはないんじゃないかと思ったんだな。 この人といっしょにいたら、俺はきっと楽しいだろうと。

 たぶん歳は30くらい。 そしてどうも、バツイチ、らしい。 何で?、と思う。 興味。

 
 俺は、あるひとつの特徴を持つ人に惹かれるんだ。 いいなぁ、と興味を覚え、もっとその人のことを知りたい、と思うようになると、その人は必ず “あるひとつの特徴” をもっているんだ。 以前にも書いたけど、お気に入りのイントラ君がその特徴を兼ね備えているのは、絶対に、と言っていいくらい間違いがない。 彼女もなのか。 まさか、とは思うんだけどね。
 

 

Pcb054

 あきらめて受け入れる。 何度失敗しても、俺はそれが、だからこそ好きなのだから。

 

« 待ち子 | トップページ | 柵 (しがらみ) »

肉体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 待ち子 | トップページ | 柵 (しがらみ) »