• Kyo1712_1189f
  • 18_12_29
  • Tkn_1688f
  • 18_12_23
  • Ktn_1686f
  • 18_12_20
  • 2017
  • 18_12_17
  • Hei_5918f
  • 18_12_15

« 1㎝のこだわり | トップページ | 神無月 »

2011年9月29日 (木)

心電図

 
 東京は、穏やかに晴れて気持ちのいい一日でしたよ。 この前までの暑さが嘘のよう、窓を開けると虫の声がいっぱいです。

 

 NHKテレビ、総合 木曜日夜の “総合診療医 ドクターG”。 いま、毎週必ず見てるテレビ番組って、これだけかな。 ニュース以外は、ほとんどBGM代わりにただ点けてるだけ、って感じのわが家のテレビだけど、この番組だけは真剣に見てる。

 
Odw_012f 総合診療医。 問診、触診だけで患者の病気を探り出していく。 検査の数値や画像に頼ることなく、まずは患者の口から出ることばから異常を探り出していく。

 

 去年だったか一昨年だったか、ある日突然、足の親指に激痛。 仕事を早めに切り上げて整形外科に行くと、まずレントゲン。 医者の前に座ったけど、俺の足よりもレントゲンの画像を見ている時間のほうが長い。 痛みは治まらず、二、三日後にたまたま行ったドラッグストアーで症状を言ってみたら 『シモヤケじゃないですかね』 だって。

 二週間前のケガ。 レントゲンを撮ってMRIで画像を撮って、外科医は結局、俺が痛がってる箇所を一度も触らなかった。 二度目の検診の時は、シャツを脱げとも言わなかった。

 

 俺の住む、区がやってくれる無料の健康診断。 心電図もとってくれれるんだけど、たった30秒ほどで何がわかるの、と一度訊いてみようと思いながらも、いつも 『異常、なし』

 俺の心臓、心電図では異常なし、だけどたまに脈が飛ぶんです。

 

画像。 神奈川、小田原城にて。
 

 

Bbo030

 医も商売、と割り切る。

 

« 1㎝のこだわり | トップページ | 神無月 »

知命」カテゴリの記事

コメント

また、病院ネタへのコメで、気が引けますが(=゚ω゚)ノ o(_ _)oペコッ
患者目線診療とか、インフォームドコンセントとかいいますが、結局は、検査の進歩、医療機材の高度化で、検査結果至上主義に陥っている気がします。保険点数もそれに合わせてあるので、「商売」上もそうならざるを得ないのでしょうが、検査に頼る前に、患者の状態を見て触って、まずは五感で診てほしいですよね。

達さんの怪我で、患部を触りもしなかった外科医はどうかと思いますし、それとは別のことですが、昨春に足首を痛めて(外踝剥離骨折)、ギブスしたのですが、請求書に、ギブス代とは別に手術料○○円とあって、ちょっと調べてみたら、骨折部位に触ってちょっと動かしてみただけで、手術料を保険請求できるみたいでした。
そんな請求しない良心的?な先生もいるみたいなので、私としては大失敗な気分でした。

あと、処方箋の薬、薬局の規模などによって、まったく同じ薬なのに、実際の支払額が、せいぜい100円前後(3割負担の場合)の少額ですが、違うんですよね。これも保険請求点数の基準の違いなんですが、知らない人が多いみたいですし、100円ぐらいけちけちするなって言われそうですが。
医療費は、品書きに値段の書いてない高級すし屋さんみたいなもん?

健康で六尺がきりっと似合う身体が最高!ということですね(o^-^o)

私のいる北国は、望める山に、今朝、初冠雪でした(;ω;)
南国がうらやましいです!

 
 
 せいさん。

 物を買う時についでに他の物を薦められても、要らなければ 『結構です』 と言えるけど、医者が言うことに患者はNOとは言えない、ですよね。 それを上手く利用されてる、って感じることはありますね。

 医者に 『薬を出す』 と言われて断ったことはありますよ。 処方箋を出されても薬局に行かなかったことも。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 1㎝のこだわり | トップページ | 神無月 »