• Kyo1712_1189f
  • 18_12_29
  • Tkn_1688f
  • 18_12_23
  • Ktn_1686f
  • 18_12_20
  • 2017
  • 18_12_17
  • Hei_5918f
  • 18_12_15

« 今年も六尺褌 | トップページ | エッグベネディクト »

2012年1月12日 (木)

論功行賞

 
 寒さ、ってのは気持ちの持ちようで何とでも。 後ろ向きの時は寒さは増して、前向きだと北風も楽しく感じたり。

 

 野田総理、内閣改造、らしいです。 いいことですよ。 できない人をどんどん切って、仕事をする人を適切なポストに充ててください。

 
 その昔、自民党時代の内閣は、党にいかに貢献したかで大臣のポストが回ってきた。 お金をたくさん集めた、とか、総理大臣になった人を総理にするためにどれだけ働いた、とかの理由でね。 大臣に就任する議員がどれだけその役所の仕事に詳しいか、なんてのは関係なく、官僚が作った文章をきちんと理解してきちんと読める、想定問題とその回答集を覚え国会でそつなく振舞える技能さえあればよかったんだな。 

 
Mbs_044f 民主党内閣になってからも、先代、先々代の総理の内閣は十分にその匂いがしてたね。 もちろん政権の座を自民党から奪い取ったのだから論功行賞はあってしかるべきだろうけど、もういいよ。 仕事する人を大臣にしてください、って思いです。

 

 トップに立つ人、ってのは、足を引っ張る人を如何にコントロールするか、って能力も試されるんだよな。 短命に終わった総理大臣の短命だった理由、ってのはその能力の欠如、に尽きると思う。 金で誘うかチカラで脅すかはたまたカリスマか。 かつての自民党総裁はそのどれもを兼ね備えていたよな。

 

 いま、民主党政権は、野党の情けなさに助けられている部分がものすごく大きい。 最大野党の自民党は、とにかく民主党をこき下ろすしか能力がない。 総裁も幹事長も、口を開けば民主党の悪口だ。 公明党は、いつもの風見鶏。 単独では過半数を制することなどできないのだから、とにかく風の向きを読んで存在を示すしかないのだな。

 

画像。 東京湾フェリー、しらはま丸にて。
 

 

Bo_016

 やることさえやってりゃいい。 もうほとんどの人がそんな生き方をするようになったのかなぁ。

 

« 今年も六尺褌 | トップページ | エッグベネディクト »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今年も六尺褌 | トップページ | エッグベネディクト »