• Kyo1712_1189f
  • 18_12_29
  • Tkn_1688f
  • 18_12_23
  • Ktn_1686f
  • 18_12_20
  • 2017
  • 18_12_17
  • Hei_5918f
  • 18_12_15

« どよめき、歓声、そして鳥肌 | トップページ | 問責に遺憾の意 »

2012年8月24日 (金)

ちょっと焦って

 
 窓辺の温度計、この時間ですでに32℃。 湿度が高くて、空には白い雲がいっぱい。 雨になるのかな。

 

 休み。 昨日の夜は 『明日は早めに家を出て、海に日焼けに行くぞ!』 と意気込んでいたんだけど、まあいつものことながら、この時間もまだ部屋でウダウダしております。 洗濯が仕上がるまでちょっと読書、がついつい読み進んでこの時間。

 

Gnz08_047f 日焼けに行くぞっ! ってね、もう夏も終わろうとしてるのに何で今更、って。 いい歳して日焼けなんぞにうつつをぬかして、って年を追うごとにその思いは大きくなるのだけど、いざ夏が終わるとなるとやっぱり惜しくなるのですよ。 いつまでもそうできるわけじゃないんだから、できるうちはやっておこうよ、ってね。

 
 つい2、3年前あたり前まではどんなことでも “いつでもできるから” と気長に構えていられたんだけど、今は “できるうちに” と思うようになってきたね。 別に、死を宣告されたとか俺も長くないと悟った、ってわけじゃないんだけど、少なくとも、やっと、俺は若くない、と気がついたみたいなんだな。

 

 今の会社で働きはじめて8ヶ月目。 組織というものがしっかりした会社への復帰は15年ぶり。 この15年、上下関係とか左右前後の繋がりとかから遠ざかった生活をしていたからか “社会を構成する組織の一員” という立場をすっかり忘れてしまっていたことに気がついたんだね。 今までも、立場、役割、とことばだけは頻繁に使ってたけど、実際の生活でそれを実感しはじめて、そして残せるものは残していこうと思いはじめたんですよ。

 

画像。 東京、新橋にて。
  

 

Ts_042

 大器晩成。 の晩、っていつ?

 

« どよめき、歓声、そして鳥肌 | トップページ | 問責に遺憾の意 »

知命」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« どよめき、歓声、そして鳥肌 | トップページ | 問責に遺憾の意 »