• Kyo1712_1189f
  • 18_12_29
  • Tkn_1688f
  • 18_12_23
  • Ktn_1686f
  • 18_12_20
  • 2017
  • 18_12_17
  • Hei_5918f
  • 18_12_15

« マックのただ券キャンペーン | トップページ | 公私の境目 »

2013年2月11日 (月)

番頭さん

 
 今日も東京は青空が広がって、穏やかな昼下がりです。 隣の家に大工さんが入っていて、鋸と釘を打つ金槌の音も心地いい。
 
 
 
 去年の9月に職場の俺のいる部署のトップが替わってそろそろ半年、振り返ると、これでいいのか ⇒ いいんだ ⇒ いや、そうじゃない ⇒ いいんだ ⇒ いや、やっぱり違う ⇒ いいんだ、これで、の繰り返し。 『俺、こんなにも上司の顔色をうかがう、自信のない人間だったっけ』 と思う毎日だった。 いやいや “だった” と過去形じゃなく、昨日も今日もの現在形だな。
 
 

Tor09_040f

 実はそんなふうに思っているのは俺だけじゃなく、部署のスタッフ全員なんだな、とここ最近になって感じ始めたよ。 パートさんたちからの 「ねぇ、達さん、これでいいの?」 「うん、大丈夫だと思うよ」 のような、以前にはなかった作業の方法を確認し合う会話が増えてきたし、彼の部下の女子の正社員さんたちとの確認を求める会話も日常になってきた。
 
 
 前のトップはトップダウンの命令をはっきり言う人で、とにかくそれに従っていればよかったんだな。 たとえそれが的を得た指示じゃなくてもそれに従っていればよかった。 自主的に考えて行動する必要、ってのがなかったね。 のが、今のトップはダメ出しはするんだけど、じゃあどうする、の指示は、ない。
 
 
 
 言わなくてもわかるだろう、ってタイプかな。 関白な旦那と従順な奥さん、みたいな関係を良しとする旦那さんタイプなんじゃないかと。 それを組織に置き換えてみると、俺は番頭さんにならないといけない、ということだ。
 
 
 
画像。 東急東横線、渋谷駅にて。
 
 
 

Adm055

 若い、ってすばらしいと思う。
 
 
 

« マックのただ券キャンペーン | トップページ | 公私の境目 »

知命」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マックのただ券キャンペーン | トップページ | 公私の境目 »