• Kyo1712_1189f
  • 18_12_29
  • Tkn_1688f
  • 18_12_23
  • Ktn_1686f
  • 18_12_20
  • 2017
  • 18_12_17
  • Hei_5918f
  • 18_12_15

« 速い流れに | トップページ | 黒猫褌 »

2013年7月12日 (金)

綻び(ほころび)

 
 窓辺の温度計は34℃。 どこからか風鈴の音。 その音か、少しばかりの涼しさを運んでくれてます。
 
 
 
 出る杭は打たれる。 さぁて、この場合の “出る” というのは、どの程度のことを言うのか。 俺はいつも悩んでます。 小さな親切も人によってはお節介と受け取られるからね。 だから仕事でもいつからか、やった方がいいんだろうけど 『俺がやるべきことじゃないし』 『俺がやらなくてもそれなりに』 ってのは、すっかり手を出さなってしまってる。
 
 

Dlc_181f

 昨日も職場で、いくつか並んでる作業台がひとつだけズレて飛びだしていたのね。 直そうと思ったんだけど、動かすと隣の部署にまで影響が及ぶんだな。 だから統括している人に言ったんだけど・・・。
 
 
 
 気が付いても、気が付かない振りをしてればまあそれはそれで済むんだな。 その飛び出した部分だって特にそれで困る、ってもんじゃない。 強いて言えば見栄えが悪い、ってことくらい。 じゃあそのままでいいじゃないか。
 
 
 でもね 小さな “綻び(ほころび)” でも、そこから取り返しの付かないことになったりするんだよな。 今、忙しいから見過ごしておく。 ボーイング787がバッテリーの不具合で長いあいだ運行停止になってたでしょ。 あの不具合だってひょっとしたら、ほんの小さなズレのあることはわかってはいたんだけどこれくらいは・・・、というところからはじまったのかもしれない。
 
 
 
 綻びは綻びのうちに、それも小さなうちに止めておけば。
 
 
 
画像。 中国、大連にて。
 
 
 

Tds081

 無責任で生きていけるよ、十分に。
 
 
 
 

« 速い流れに | トップページ | 黒猫褌 »

知命」カテゴリの記事

コメント

達さん、こんばんは。時々、綻びを気づかず流している自分がいます。誰かが気づいてくれるはずという甘い考えで。全てを背負うことはなかなか簡単にはできませんが、取り返しのつかない大きなミス・問題になる前に綻びはなるべく小さいうちに、修復したいものですね。仕事上のことだけでなく、人生におけるあらゆることで。

「ほころび」の動詞は「ほころぶ」か「ほころびる」でしょう。「蕾がほころぶ(もうじき花が咲く)」「顔がほころぶ(笑顔になる)」。でも「ほころびる」なら「縫い目の糸が切れたりして、段々裂け目が大きくなる(転じて、些細なことが大きな災いに繋がる、みたいな)」ですかね。こんな勝手な解釈、間違っているかも知れないけど、どうせなら「前向きな方」がいいですよね。「ほころび」から「よろこび」へ転化するように。

 
 
 伸さん。

 直して使う、ってことをしなくなった時代に、綻びに気づく人がどれくらいいるのか。 でもやはり、何事も小さなうちに、ですね。

 
 
 guzさん。

 そうそう、前向きに、ですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 速い流れに | トップページ | 黒猫褌 »