• Kyo1712_1189f
  • 18_12_29
  • Tkn_1688f
  • 18_12_23
  • Ktn_1686f
  • 18_12_20
  • 2017
  • 18_12_17
  • Hei_5918f
  • 18_12_15

« この一週間 | トップページ | さあ改憲 »

2013年7月22日 (月)

ほどほどの生活

 
 うす曇りの空。 日差しは柔らかく、風鈴をかすかに鳴らす風は涼しく、窓から見える緑が、疲れた身体を癒やしてくれています。
 
 
 

Dlc_169f

 今日は土用の丑の日。 今年は一段と鰻の値段が高くなってるとか。 乱獲ですよね。 ニホンウナギが絶滅危惧種に指定されたんでしたっけ。 それで他の種類の鰻も輸入するようになって、こっちも乱獲。 そういえばマグロも。 日本人が世界中のマグロを食い尽くしてるとか。 日本人の食に関するエゴは相当なもんですね。
 
 
 確かにね、土用の丑の日ですよ、と言われると鰻でも食うか、ってことになる。 名の知れた鰻屋だと鰻丼が松竹梅の梅でも2,000円を越えるのがあたりまえで、じゃあ和食系のファストフード店で、と思うんだけど、すき家ごときで鰻丼に780円も出すのかよ、と思って、食べたいくせに今年は一度も食わないでいる。
 
 
 
 牛丼屋で鰻丼を売る、ってところが絶滅のおそれに繋がっていく。 風が吹けば桶屋が儲かる、みたいで話がちょっと飛躍してるかもしれないけど “ちょっとくらいは” とか “自分だけは” とか “今日だけ” とか、節操のない日本人の自分にだけは甘いところ、がこの鰻の高騰を招いている、という説。
 
 
 まあ、ほどほどが一番、ですよ。
 
 
 
画像。 中国、大連にて。
 
 
 

Bhg009

 清貧。
 
 
 

« この一週間 | トップページ | さあ改憲 »

知命」カテゴリの記事

コメント

こちらは、
梅雨も明けず、
夏も来ないで、
秋に突入かも?。
そんな天気が続いてます。
なぁ~んか、土用と言っても、
ピンと来ない、この頃です。

「土用丑の日」、鰻は縁遠かった(お値が張り過ぎ)。憲法に「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」ってあって(第25条?)、僕らの「権利」なんだけど、「鰻が食えない生活(或いは、少なくとも躊躇する)」って、どういうレベルなのかな?「最低限」って定義も難しい。幾つかの都道府県では「最低賃金」より「生活保護」の方が高いんだって。分かんない社会ではあります。

「鰻」「鮪」、達さんの言う通り「日本人のワガママ」かも知れない。じゃぁ「鯨」は?僕はクジラは食べないから完全禁漁になってもかまわないんだけど、「それは困る」って人もいるんだろうね。だから将来は「調査ウナギ漁」「調査マグロ漁」とか、ちょっと意味不明な「抜け道」しか無くなるんだろうか。

僕にとっての「ほどほどの生活」って、「可もなく不可もなく」より「ちょっといい感じな生活」かな。自分自身でそう思えたら、それが「ほどほど」ってことかも。「全然無理」ってワケでもないけど「ちょっと我慢してみようかな」みたいに「中途半端な」「少しばかりは余裕な」レベル。そうだとすれば「僕はほどほど」かも知れないし(「贅沢は敵だ」って前提だぜ)、それが「健康で文化的な最低限」ってこと?

「ほどほどが一番」って言う達さんに一票。

 
 
 男褌さん。

 春が過ぎて梅雨に雨が降って、そして夏。 という気候の移り変わりが当てはまらなくなってきているのかも、と思ったりしています。

 
 
 guzさん。

 ほどほどが一番、と言いながら、俺はけっこう振れの強い生活をしていますね。 だからこそほどほどに、と自分を戒めているようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« この一週間 | トップページ | さあ改憲 »