• Kyo1712_1189f
  • 18_12_29
  • Tkn_1688f
  • 18_12_23
  • Ktn_1686f
  • 18_12_20
  • 2017
  • 18_12_17
  • Hei_5918f
  • 18_12_15

« 変化 | トップページ | 日曜日 »

2015年4月 8日 (水)

決断

 
 窓辺の温度計は3℃、都内でもみぞれになってるところがあるそうな。 寒い、冬が戻ってきた東京です。
 
 
 
 人生は ”選択と決断の繰り返し” なんだと、何度もこのブログには書いてきた。 スーパーに買い物に行ってイチゴを買う、ってのも選択と決断だし、仕事を辞めて新しい世界に踏み出す、ってのも人生の選択と決断だし。 生まれることは自分以外の人に委ねるしかないことだったけど、それ以降はずっと選択と決断の繰り返し。
 
 
 

Mjg_028f

 今までの生活をやめることにかかるエネルギーは、新しい生活をはじめるのに費やすエネルギーに比べれば、ものすごく大きなものだと思うんだ。 中途退学を決断するとか転職を決断するとか別れを決断するとか、そのままいれば不満を抱えながらでもそれまでの生活を続けていける、それを止めてこの先どうなるか見えない道を行くことにする、というのは膨大なエネルギーを使うんだな。
 
 
 
 生活の根本が変わる、何度その決断をしただろう。 そして、させることになっただろう。
 
 
 
 昨日、職場の作業場で、偶然に部署のトップとふたりきりになった時間があったので、職場の最大の問題点を率直に言ってみたんだ。 離職率の高さを。 「このままじゃ、今度は俺が辞めることになります」 と、ちょっと脅し気味にね。
 
 
 
 職場の癌。 癌がいるから作業効率がいい。 確かに、会社の経営側にしてみれば今のままがいい。 俺の意見は、癌を取り除けば人が定着して、いずれは作業効率が上がる、というもの。
 
 新人が、やっと自立できるようになった頃に辞めていく。 そしてまた新人を教育することに時間を費やす、の繰り返し。 果たして作業の効率が上がっているのか? 新たに人を雇うためにどれだけの経費を費やしている? トイレの悪臭を覆い隠すために、次から次へと新しい消臭剤を撒いてごまかすことはもう止めましょうよ。
 
 
 
画像。 東京、明治神宮にて。
 
 
 

Gsg020

 年寄りは第一線からを退いて若い人に道を開けないと、結果は自分もいつまで経っても楽にはならない。
 
 
 
 

« 変化 | トップページ | 日曜日 »

知命」カテゴリの記事

コメント

今晩は。職場に於いて何でもこなしてしまう人は必ずいますよ!その人がでしゃばり過ぎなければ、上司達は教育係みたいに任せて楽が出来ます。問題はそのでしゃばり方です。きちんと上司を建ててくれれば良いが、自分は誰よりもこの会社を知っています。なんてなると最悪です。人間は誰でもわがままなので、いつかはそうなります。何時までも謙虚な姿勢を持てればいいのですが?達さんはどうですか?私は少し、頑固さが入ってしまいましたが。「知に働けば門が立つ、情にさおさせばながされる、意地を通せば窮屈だ、とかくにこの世は住みにくい」夏目漱石 草枕より。 とね。いつも門が立ってばかりです。

達さん、おはようございます。
「人生は"選択と決断の繰り返し"」。この言葉好きです。その時々に自分で考えて判断をする。だからこそ、どのような結果になっても受け入れることが出来るのだと。

会社の経営側も自分の時には波風を起こしたくないでしょうか?中にいると、気づかないものなんでしょうかね。達さんの問題提起から少しずつ動くと良いですね。

達さん、おはようございます。人生は選択と決断の繰り返し その通りですね。達さんが上司の方にお話したことをきっかけに職場全体が良い方向に向かうと良いですね。

 
 
 せんずり親父さん。

 謙虚、ってことばはもう死語になったような気がしています。

 
 
 小猿さん。

 自分の任期の間は・・・、って意識はあたりまえのように感じますね。 長くいるパートさんは、そうだからこその仕事をしてるようにも思います。

 
 
 伸さん。

 問題を共有できただけでも、まずは良しとして、ってところです。 ただこの先・・・、今までの経緯から、あきらめ気味ではありますけどね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 変化 | トップページ | 日曜日 »