• Kyo1712_1189f
  • 18_12_29
  • Tkn_1688f
  • 18_12_23
  • Ktn_1686f
  • 18_12_20
  • 2017
  • 18_12_17
  • Hei_5918f
  • 18_12_15

« 性依存症 | トップページ | 六尺褌20年の記憶 一歩踏み出す »

2015年6月 8日 (月)

過去に目を閉ざす者は・・・

 
 関東地方も梅雨入り。 東京は雨こそ降らなかったものの曇り空の、肌寒い一日でした。
 
 
 
 日本では第二次世界大戦の終戦の日は’45年(昭和20年)8月15日。 日本以外の国の認識は日本が降伏文書に署名をした9月2日。 終戦の日、正しくは9月2日だろうね。 だからソ連の千島列島への侵攻は日本が降伏する前の出来事だから正当、というロシアの言い分には逆らえないことになる。 ただし歯舞と色丹は9月2日以降なので、だからそこは返還しましょう、という理論になるらしい。
 
 

Dlc_096f

 ちょっと気になるものを読んだので、抜粋してまとめてみました。 読んだそのままの文章を書いてるのではなく、俺なりに理解した結果を書いてるので、そこのところはご承知おきください。
 
 
 
 ドイツが連合国に降伏した日は’45年5月2日。 この日はドイツ人にとっては ”敗戦の日” ではなく ”ナチスの暴虐からドイツ人が解放された日” として記憶されてるそうだ。 ちなみにドイツ統一前の東ドイツでは、一貫してナチスの被害者としての教育がなされてきたのだそうだ。
 
 
 フランスはドイツが占領していたあいだはナチスのユダヤ人狩りに加担した、と枢軸国側で戦っていたにもかかわらず、連合国側が開放したあとは ”戦勝国” 側として現在に至っている。
 
 
 イタリアは日本、ドイツと同じく枢軸国側として連合国側と戦ってきたのだけれど、ムッソリーニを放逐後は連合国側についてドイツと戦って終戦を迎えている。 敗戦国として認識しているけれども、これなら戦勝国として扱われるべきなのではないか。
 
 
 さてと日本は・・・。 どうも日本は、日本だけは、純粋に敗戦国として扱われ、われわれは純粋に敗戦国としての教育を受けてきたように思う。
 
 
 
 『過去に目を閉ざす者は現在に対してもやはり盲目となる』
 
 
 かつてのドイツの大統領が言われたことばだけれど、それを今の首相が日本に来られた時にも言われたのだそうだけれども・・・。
 
 
 
画像。 中国、大連にて。
 
 
 

Pcb088

 過去を正しく認識、というのは無理なのだ思う。 どの国も、誰でも、自分に都合の悪いことは隠し、忘れ、ひょっとしたら有利なように書き換えてしまうものなのかもしれないのだから。
 
 
 
 

« 性依存症 | トップページ | 六尺褌20年の記憶 一歩踏み出す »

知命」カテゴリの記事

コメント

達さんおはようございます。今日は大変勉強になる話し
を聞かせて頂きました。知識不足の自分にとって
たしかにそうかもしれない
現状をしっかりと把握して過去はどうであったか
歴史を認識することは大事だねそうする事によって
今後生かされてくる
何事もそうすべきだね
ところで 達さんの知識の豊富さ驚きます。達さんの人間性垣間見る事ができます。達さんファンとして惹かれる部分です。今後もよろしくお願いいたします。

達さんこんばんは。
9月2日の件は初めて知りました。2島返還にはそうした背景があるのですね。
歴史、多くは勝者の論理で形が残されたものが多いのでしょうね。世の中、難しいものです。

 
 
 青空さん。

 物事を一面からだけ捉えるのではなく、違った角度でも見てみる、ってことを心がけるようにしてます。 そして絶えず『なぜ?』と思うことも忘れずに。

 
 
 小猿さん。

 8月15日という日は節目としてはシックリ来るし、玉音放送を聴いた日だから、連合軍の占領政策としてあえてこの日にしたんじゃないかと思ったりしてます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 性依存症 | トップページ | 六尺褌20年の記憶 一歩踏み出す »